プラダ
プラダというのはイタリアのファッションブランドの一つですが、最近日本でもとても人気のブランドで世界中に今プラダの店舗展開が進められています。
もともとプラダができたのは1913年のことで、マリオ・ぷらふぁという人がイタリアのミラノに革製品のお店を作ったのがきっかけです。
世界中から色々な素材を集めてイタリアの職人が色々なものを作っていたのですが、それがブルジョアたちの間でとても人気になったことからプラダはイタリア王室の目に留まることになり、イタリア王室御用達ブランドとして急成長しました。
しかし1958年にプラダを作ったマリオ・プラダがなくなって娘が継いだのですが、少しプラダのブランドは低迷してしまいます。
そのあとにその娘が再びプラダのオーナーとデザイナーに就任してからは、今人気のナイロン製のものでできているバッグを販売したことで人気が出ます。
プラダといえばナイロンバッグやナイロンの財布が人気ですが、創業者の孫娘に当たるデザイナーの提案で今のプラダの人気があるといっても過言ではないわけです。
プラダはしまいブランドも作り、ミュウミュウというブランドにおいては日本でも人気があり、世界からも注目されているブランドの一つです。

 



コーチ
コーチは手ごろな値段で購入することができる高級ブランドとして今とても人気があります。
コートはもともとはアメリカのマンハッタンで誕生したブランドで高級バッグを販売していました。
とてもシンプルでかわいいデザインが世界中から人気を集め、日本でもコーチは大人気です。
高級バッグの老舗ブランドなのに、手頃な値段で購入できることからコーチのバッグは人気があります。
コーチは1941年にアメリカのニューヨークに住む夫婦が友達と一緒に家族経営の革製品の工房を立ち上げたことから始まったブランドです。
以前のブランドの名前は、コーチではなくてゲイルというブランド名だったのですが、アメリカ開拓の時の象徴である馬車、コーチをブランドの名前にしたといわれています。
最初は使えば使うほど味が出てくる野球のグローブがヒントになって、革のバッグが販売されました。
コーチのバッグは化学薬品で覆っていませんから、天然の皮を使用していて、耐久性もよく、機能性にも長けていて、手作りで作られていることから人気が出たといわれています。
日本にはじめてコーチが販売されるようになったのは1988年に三越と提携したことでコーチというブランドが日本進出を果たしました。

更新履歴